スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると嬉しいです♪→           

海外のハプバーデビュー\(^o^)/

今回の記事は珍しくなおが担当します…といっても口述筆記ですが(笑)
また、内部は撮影禁止だったので、この記事の写真はそのお店のホームページからの転載、
および、なおの過去のプレイからのイメージ写真です。ご了承くださいね。

~~~~~~~~~~

今年の夏の終わり、私は一人で某国に旅行してきました。
もちろん、目的はいろいろあったのですが、私が一人でどこかに旅行すると聞くと、
いつもなんかエロいことを考えるゆっち(^^;)

今回のミッションは、海外のハプバーに一人で潜入してくることでした。

実は、ちょくちょくアメリカに行ってるのですが、ゆっちによると、
アメリカのハプバー(正確にはSwingers Clubというのですが)は基本カップルの遊び場で、
週末しかやってなかったり、単独男性はお断りというところが多く、
今までは海外にハプバーに行ったことはなかったのでしった。

某国もいろいろ曜日によって制限があるようでしたが、いいところを見つけたらしく、
私の他の予定を確認したあと、「じゃあ、水曜日の夜に行くように」といいながら、
何やらパソコンに打ち込んでる(°_°)
…そのハプバーに初めて行く場合は、事前に身分情報を入力しないといけないようでした。

こうして、某国へ旅立ち、いよいよその水曜日の夜…

そのハプバーは郊外の空港近くにあり、都心から電車とタクシーを乗り継いで行ったのですが、
都心での買い物が長引いちゃって、ハプバーに着いたのは11時

もちろんあたりは真っ暗でしたが、そこは平屋建ての大きな一軒家、そして通り側には入口もないところでした。
AFPV0009.jpg
(昼の写真はこんな感じのようです)

ちょっと不安になったけど、タクシーの運転手が「建物の裏側に入口があるから」とエスコートしてくれて…

で、いよいよ潜入かと思ったら、入口のドアのところにいた従業員が、

「今日は12時でおしまい、もうあと1時間しかないから遊べないよ」

((((;゚Д゚)))))))

実はこの日は「Naked Day」で、内部のどこでも素っ裸の日だったらしいのですが、それを見ることもできず…

タクシーの運転手が、途中の駅まで送るよといってくれたので、なんとかホテルに戻ることができました。

それをゆっちにSNSで報告したら、とっても落ち込んだ様子…

ちと、可哀想になったので、「金曜か土曜の夜だったらなんとか行けるかも」と打つと、
即座に「土曜はカップルオンリーやから、金曜にしなはれ」と返信が
まぁ、私もレズには興味ないので♂がたくさんいる日のほうがいいなと(#^.^#)

こうして金曜の夜にリベンジすることにしたのでした。

その日は他の用事でレンタカーを借りていたので、そのレンタカーで現地へ…
ちょっと迷いかけたけど、ナビと、水曜日に下見(笑)したおかげでなんとか着くことができました。

金曜日は明け方まで営業してるとのことだったので、まぁ余裕でエントリー

初めての人は2種類の身分証明書を見せなきゃいけないとのことなので、パスポートと国際免許証を見せて、
無事、会員証をもらいました。
AFPV0000.jpg

なんと「生涯会員」って書いてる…おばあさんになっても入れるのかしらん?!

こうして、無事に中へ…

まず通されたのはラウンジ
AFPV0002.jpg

この写真ではそんなに広く感じませんが、実際はとっても広くて、100人近くの人達が飲んだりしゃべったりしていました(^^;)

そして、いろんな場所とルールを説明してもらったのですが、とりあえずプールに行くことに。

このプール、温水で25メートルくらいある大きなプールでした。
AFPV0005.jpg

それほど多くの人はいなかったけど、もちろん、みんな水着なんか着ないで全裸です!
AFPV0003.jpg

ただ、底は平ではなく、土を掘った上にシートを引いてる感じ…
水中を歩いてたら、突然深くなって立てなくなり、ちょっとびっくりしてしまいました。
まぁ、泳げばいいんですけどね(゚∀゚)

ただ、朝からずっと運転してて疲れたし、ここに運動しにきたわけではないので…

そのプールの横にジャグジーバスがあるので、そこに入ることにしました。
AFPV0007.jpg

ジェットにあたって気持ちよく疲れを癒していたら、
先にジャグジーに入っていた白人のおじさんが声をかけてきて…

少し話をして、まぁいい雰囲気になってきたので…

プレイルーム(ここではダンジョンと呼んでいました)に移動することに…
AFPV0004_2.jpg

この壁のところにある入口がそれぞれプレイルームになってるんです。
全部で10部屋くらいあったかな? それぞれの部屋も十分な広さでした。

ドアに鍵がかかっている場合は入れないので(けっこう使用中だった)、なんとか空いてる部屋を探して…

AFPV0010.jpg

こうして白人さんと遊んだ後、最初のラウンジに戻って休憩していると、2人の単女さんが話しかけてきました。

はるばる日本から一人で来たのに驚いているようで、「私達が守ってあげるからネ」と…
でも、この女性達とずっと一緒にいると遊べなさそうで…理由は省略(笑)

するとこんどはインド人の男性が声をかけてきたのですが、ちょっとしつこくって、
こいつと2人でプレイルームに行ったら他の人とは遊べないかも…

それで、「ちょっと待ってて」と言って…

カップルさんが多いリビングですが、少し探していると、単独で来ているちょっとイケメンの黒人さんを発見!

で、さっそく、「一緒に遊ぼ!」

こうして黒人さんとインド人と3人でプレイルームに入ったのでした。

そして…もちろん、3P\(^o^)/
AFPV0011.png

プレイが終わるともう午前2時を過ぎていて、1時間近くドライブしてホテルに戻らなければならないので、
これで打ち止めになりました。

一人で潜入させられたので最初はちょっと不安でしたが、まぁ日本とそれほどルールが違うわけでもなく、
それなりに楽しめました。

また来年も一人旅行の計画があるのですが、ゆっちがまた何か企みそうです(^^;)
ブログランキングに参加しています。クリックしてくれると嬉しいです♪→           

テーマ - Theme : ハプバー
ジャンル - Genre : アダルト

コメント投稿 - Post a Comment

いいなあ。オレも行きたい

ヨーロッパの英語の使える国みたいですね。
空港のそばみたいですね。
欧米はカップル参加で夫婦交換がメインだと思いますが、
単女・単男は多いのでしょうか?

日本のハプパーは飲食店の奥のスペースでプレーしたり
マンションの一室だったりしますが、
こういったちゃとした施設はいいですね。
プールやサウナがあったりとか。

No title

すごい 冒険でしたね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

すごいですね、なおさん。
ハプバーで何をしたのか、興味があります。

No title

ハプバーの内容を詳しく知りたいです!

No title

swingers club 何か異国の怪しい香りがしていいですね!白人男性に犯されるなおさん、ごちそうさまでした

No title

なんか凄い勇気に感動!
でもちゃんと3本も食べたんですね^^
プロフィール - Our Profile

ゆっち&なお

Author:ゆっち&なお
東京の西のほうに住んでいる夫婦です。
妻は複数プレイするのが大好きで、夫はそれを見たり写真を撮ったりするのが趣味です。
ハプバーに行ったり露撮したりもしています。
どこかでお会いできたら…あなたも参加してくださいね

最新記事 - Latest Posts
最新コメント - Latest Comments
カテゴリ - Categories
検索 - Search by keyword
Page Views since Jun'11
リンク - Link
メール - Mail to Us

名前 (Name):
メールアドレス (Mail Address):
件名 (Mail Title):
本文 (Message):

ブロとも申請 - Req. Blog Friend
ご注意:実際に適宜更新記事のあるブログを運営されている方で、私達の趣向と一致する方のみ、ブロとも申請を承認しております。それ以外の場合、申請いただいても承認できませんのでご了承ください。 CAUTION: We approve your blog friend request only if your blog is occasionally updated and the contents are matched with our favorites. If not, we don't approve your request.

この人とブロともになる

RSSリンク - RSS Link
月別アーカイブ - Monthly Archives
QRコード - QR Code of this blog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。